ひとつあると超便利なあずきカイロ

先日、風邪を引いて久しぶりに寝込みました(流行ウイルスの検査は2回していずれも陰性でした)。どうも副鼻空をやられて、鼻と顔面が異常に不快で、ふと、鼻を温めたら気持ち良さそうだなと思いつきました。ネットで検索すると、確かに鼻づまりには鼻を温めるといいと書いてある情報がたくさん。そこで、久しぶりに「あずきカイロ」を使って温めてみたらこれが効果テキメン! あずきカイロはものすごく簡単に作れるので、お教えしますね。

あずきカイロの作り方

用意するもの
・あずき
・綿もしくは麻の布(不要になったハンカチやタオルなどでも◎)

分量を書いていなくて恐縮なのですが、どこのエリアにどう使いたいかで布の大きさが変わりますし、布の大きさによってあずきの量も変わりますので、まずは一番使うのはどこかを考えて布を用意してください。

作り方
・布を折って袋を作るようにして三編を縫い、残りの一編からあずきを入れて、最後にその一編を縫い止めれば完成

あずきカイロの使い方

レンジで30秒〜1分チンをして温めたあずきカイロを、温めたい箇所に載せて使います。

*その時の状況、レンジのパワーによって温め時間は調整して、やけどしない熱さであることを確認してから使ってください。

アイピローに
目や顔に使いたい場合は、小さめのハンカチで作るとちょうどいいです。目に当てたい場合は重たくなりすぎないようにあずきの量に注意して。

肩こり緩和に
長いタオルを使って首にかけられるように作ると、肩こり緩和のホットピローになります。

お腹・腰周りに
お腹や腰回りを温めるのには、一般的なフェイスタオルを四つ折りにした(いわゆる昔の雑巾サイズ)の大きさがぴったり。湯たんぽのように使えますよ。

あずきカイロの保存法

一度レンジでチンした後は、あずきから水分が出てしまった状態なので、すぐにまたレンジにかけることはせず、少なくとも4時間はあけたほうがいいと言われています。

また、カビや虫の発生を防ぐために、使い終わった後はきちんと乾燥させてから、保存袋に入れて冷蔵庫に保管するのがおすすめです。

これから少しずつあったかくなる季節ですが、体を必要以上に冷やさないような心がけは、むしろあったかくなってからのほうが忘れがちで、大事だったりしますね。ぜひあずきカイロ、活用してください。独特のあったかさ、癖になりますよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。